ボードゲーム紹介
黄金の都にたどり着くのはどの探検隊か?

エルドラドを探して

ライナー・クニツィア作の「エルドラド」の完全日本語版が出ました!

自分の探索コマを、一番最初にエルドラドの門へ到着させることが目的のデッキ構築レースゲームです。ゴールに向かうルートが複数あるので、どのようなカードを買ってどのようなルートを通るかなど考える必要があります。

ドイツ版とルール自体は同一ですが、カードの大きさやアートワークが一新され、より分かりやすく遊ぶ事ができます。

購入はこちら

ゲーム名
The Quest for EL DORADO
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2020
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る