ボードゲーム紹介
ウェンディゴもボーイスカウトもドキドキ…!

ウェンディゴのこわい話

遊べる店舗

全員で協力して、推理・相談をしていき、ボーイスカウト隊員に化けた怪物ウェンディゴを5日以内に探し出すゲームです。

プレイヤーは、「ウェンディゴ役1人」と「ボーイスカウト隊員」の2チームに分かれます。

ボーイスカウト隊員タイルを場に並べてゲームスタート。魔の怪物ウェンディゴ役がこっそり1枚を入れ替える「夜フェイズ」と、隊員チーム全員で相談・推理していく「昼フェイズ」を行い、1ラウンドが終了します。
見事5ラウンドまでにウェンディゴのタイルを当てることができれば、「隊員チーム」の勝利となり、「ウェンディゴ役」は、5ラウンド逃げ切ることができれば勝利となります。

ドキドキしながら逃げる「ウェンディゴ役」と、推理力・記憶力が試される「隊員チーム」のどちらも楽しめ、子供から大人まで楽しめるゲームです。

購入はこちら

作者
Christian Lemay  
発売年
2018
メーカー
Scorpion Masque  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る