ボードゲーム紹介
シンプルながら奥が深い!

テン

遊べる店舗

1~3本の線の書かれたタイルを並べていき、先にタテ、ヨコ、ナナメのいずれかで10本ちょうどの線を先に揃えたら勝ちになる2人用ボードゲームです。

プレイヤーは白か黒のタイルに分かれてゲームをプレイします。
タイルは辺に接するように置かなければならず常に自分か相手のタイルにつながった状態でタイルが配置されていきます。タイルを全て配置し終わっても決着がつかない場合、今度は配置し終わったタイルを動かして10本が揃えられるようにします。このとき動かせるタイルはかならず1辺がどこにも接していないタイルであり、4辺が囲まれたタイルは動かすことができません。またタイルが分断されないように配置する必要もあります。

タイルを伏せてプレイする方法とタイルをオープンにしてプレイする方法があり、お好みのプレイスタイルを選ぶことができます。

購入はこちら

ゲーム名
TEN
作者
Steffen Mühlhäuser(シュテッフェン・ミュールハウザー)  きたおまどか  
発売年
2015
メーカー
Atelier NIKI TIKI / アトリエニキティキ(日本)  Steffen-Spiele  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る