ボードゲーム紹介
シンプルながら奥が深い!

テン

遊べる店舗

1~3本の線の書かれたタイルを並べていき、先にタテ、ヨコ、ナナメのいずれかで10本ちょうどの線を先に揃えたら勝ちになる2人用ボードゲームです。

プレイヤーは白か黒のタイルに分かれてゲームをプレイします。
タイルは辺に接するように置かなければならず常に自分か相手のタイルにつながった状態でタイルが配置されていきます。タイルを全て配置し終わっても決着がつかない場合、今度は配置し終わったタイルを動かして10本が揃えられるようにします。このとき動かせるタイルはかならず1辺がどこにも接していないタイルであり、4辺が囲まれたタイルは動かすことができません。またタイルが分断されないように配置する必要もあります。

タイルを伏せてプレイする方法とタイルをオープンにしてプレイする方法があり、お好みのプレイスタイルを選ぶことができます。

購入はこちら

ゲーム名
TEN
作者
Steffen Mühlhäuser(シュテッフェン・ミュールハウザー)  きたおまどか  
発売年
2015
メーカー
Atelier NIKI TIKI / アトリエニキティキ(日本)  Steffen-Spiele  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る