ボードゲーム紹介
ボードゲームで博打!?「張った!」「勝負!」で繰り広げられる心理&推理ゲームです。

手本引き

遊べる店舗

博打の終着駅とも言われる「手本引き」をボードゲームで遊ぶことができる作品です。

2人から6人まで遊ぶことができます。基本的には親が1つ選んだ1から6の数字を、子が推理して当てるというゲームです。運要素が非常に強いゲームに見えますが、親が選んだ数字の履歴が公開されていたり、子が様々な倍率で複数の数字に賭けたりと、親が数字を当てられないように、子が数字を当てられるように、考える要素が非常に多くあるために、推理要素と心理要素が非常に強いゲームです。
今までに一度も選んでいない数字がそろそろ選ばれるだろう…と考えたり、その逆をついてもう一度同じ数字に賭けてみたり、親となる人の性格を考えたりと、一筋縄ではいかないゲームとなっています。

心理戦、推理ゲームを遊んでみたい方にはぜひオススメのゲームです。店内のゲーム用紙幣を合わせて遊んでみてくださいね。

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る