ボードゲーム紹介
動物たちは高みを目指して

タッソサファリ

タッソサファリは、盤上に動物のスティックをうまく配置していくゲームです。

手持ちのスティックを盤上に配置して早くなくすことを目指します。スティックは盤上か、すでに置かれたスティックの上に置くことができ、2本のスティックの上に配置できたら追加でもう1本置くことができます
。1本のスティック上には1本しか置くことができないというルールのため、シビアな位置取りが求められるゲームです。

サファリ版の特徴として、スティックはキリン、ゾウ、ライオン、シマウマと長さが異なり、さらにキリマンジャロ山とビクトリア湖が盤上に障害物として置かれるようになりました。見た目にも美しく、イメージが膨らむアブストラクトゲームです。

ゲーム名
TASSOSAFARI
作者
Philippe Proux  
発売年
2018
メーカー
Engames / エンゲームズ(日本)  OPEN'N PLAY  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る