ボードゲーム紹介
髑髏をめくったら即アウト!度胸とハッタリのブラフゲーム

髑髏と薔薇(スカル)

「暴走族のリーダーを決める」というのがテーマの「髑髏と薔薇」。騙し合いが楽しい、度胸が試されるボードゲームです。

3〜6人用のゲームで、各プレイヤーはドクロカード1枚とバラカード3枚の計4枚を持ちます。それぞれがドクロかバラのどちらかを手元に重ねていき、あるタイミングで「バラをめくれる枚数」を宣言します。最大の枚数を宣言したプレイヤーは、実際に宣言した枚数分のカードをめくっていきます。めくったカード全てがバラだったら成功、ドクロが1枚でも入っていたら失敗、というとてもシンプルなルールです。

このゲームの肝は、カードをめくる順番です。最大枚数を宣言したプレイヤーは、「自分のカードからめくらなければならない」というルールがあるため、自分がドクロを置いていた場合、必ず失敗してしまいます。しかし、だからこそ強気の枚数を宣言し、相手に「バラを置いているかもしれない」と思わせるというハッタリが重要になってきます。

130423skull-and-roses-02

運の要素がほとんど絡まない、読み合いとハッタリが楽しいオススメゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Skull & Roses(Skull)
作者
Hervé Marly (エルヴェ・マルリー)  
発売年
2011
メーカー
Lui-même (フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る