ボードゲーム紹介
あの「手荷物検査」がリメイク

ノッティンガムのシェリフ

遊べる店舗

イングランドを舞台に、ロビンフッドの悪役である保安官に賄賂を渡して禁制品を見逃してもらうブラフゲームです。


①交替で1人が保安官役となり、それ以外のプレイヤーはバッグの中にある品物を申告する
②保安官役は1人を選んでバッグを開けさせ、申告通りなら迷惑料が支払われる
③申告通りでなく、禁制品が入っていたら賄賂の交渉を行い、成立したら通してもらえますが、交渉が決裂すると禁制品を没収された上に、罰金を払わなければならない
④通過した品物を換金して、お金の多い人が勝者となる

禁制品をどんどん輸入して顔に出さず、検査が入っても少ない賄賂で見逃してもらう交渉力がカギとなります。
第2版では6人までプレイできるようになったほか、高級品や闇市の拡張も入っています。

購入はこちら

ゲーム名
sheriffofnottingham
作者
Andre Zatz  Sergio Halaban  
発売年
2022
メーカー
CMON(シンガポール)  株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る