ボードゲーム紹介
あの「手荷物検査」がリメイク

ノッティンガムのシェリフ

遊べる店舗

イングランドを舞台に、ロビンフッドの悪役である保安官に賄賂を渡して禁制品を見逃してもらうブラフゲームです。


①交替で1人が保安官役となり、それ以外のプレイヤーはバッグの中にある品物を申告する
②保安官役は1人を選んでバッグを開けさせ、申告通りなら迷惑料が支払われる
③申告通りでなく、禁制品が入っていたら賄賂の交渉を行い、成立したら通してもらえますが、交渉が決裂すると禁制品を没収された上に、罰金を払わなければならない
④通過した品物を換金して、お金の多い人が勝者となる

禁制品をどんどん輸入して顔に出さず、検査が入っても少ない賄賂で見逃してもらう交渉力がカギとなります。
第2版では6人までプレイできるようになったほか、高級品や闇市の拡張も入っています。

購入はこちら

ゲーム名
sheriffofnottingham
作者
Andre Zatz  Sergio Halaban  
発売年
2022
メーカー
CMON(シンガポール)  株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る