ボードゲーム紹介
ダイスとカードの絶妙なマッチング!

十二季節の魔法使い

召喚ゲージを貯めて、使い魔や魔法のアイテムを召喚してどんどんコンボを決めていくのが楽しいゲーム!

ゲームは全部で3年(36ヶ月)おこないます。
まず最初にプレイヤーは9枚のカードを受け取り、それを3枚ずつ選び、1年目、2年目、3年目の山にわけます。1年目の3枚を手札としてゲーム開始です。

スタートプレイヤーはプレイ人数+1個のサイコロを振って、好きなサイコロを1つ選んでとります。時計回りに次の人以降も同じようにサイコロを1つ選んでとります。
サイコロごとに決められた効果を適用し、手札に持っているカードで出したいものがあれば場にだすことができます。カードには即座に魔力トークンがもらえるものや、勝利点をもらえるものや、他のプレイヤーの邪魔をするものなど、様々な効果のものがあります。
ラウンドの最後に、場に残ったサイコロにかいてある数だけ年月を進め、次のプレイヤーがスタートプレイヤーとなり新しいラウンドを開始します。36ヶ月が経過したらゲーム終了です。

うまくカードのコンボを決めて、王国一の魔法使いを目指しましょう。

購入はこちら

作者
Régis Bonnessée  
発売年
2012
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Libellud / リベリュー(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る