現在一部の店舗で営業時間を変更しております。

【店舗別営業時間一覧】

<〜9月30日>
全店舗 13:00〜20:00 ※食べ物持ち込み禁止、酒類提供停止

詳しい料金表こちら

ボードゲーム紹介
時は幕末、処は遊郭、烏を殺して朝帰り

三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい

遊べる店舗

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」はプレイヤーが遊郭の客となり次々に襲い掛かる烏を殺し、人に押し付けるという「烏ぬっ殺しゲーム」です。

「三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい」は、高杉晋作がうたったとされる都々逸(どどいつ)の一説です。朝になり烏が鳴けば、遊郭から帰らなければならない。ならばこの世の烏を全て殺しても、お主(遊郭)といたい。そんな思いを込めた歌です。
このゲームは、プレイヤーが遊郭の「客」です。烏が鳴けば遊郭から帰らなければいけないので、烏を殺して鳴かせないようにし、最後まで遊郭に残れた客(プレーヤー)がこのゲームの勝者となります。

作者
ろい  
発売年
2016
メーカー
ペンとサイコロ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

Creativity Battle(クリエイティビティ バトル)

写真に書き加えて最もクリエイティブな作品をつくろう!!

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト