ボードゲーム紹介
「古き神々」復活の儀式へようこそ。

リチュアル

プレイヤーは術者となり、儀式にできるだけ貢献してポイントを稼いでいくゲームです。

このゲームは5ラウンドからなる儀式を、3回行います。まずプレイヤーは初期手札として、呪文が書かれた「詠唱カード」を6枚受け取ります。呪文は赤・緑・黄の3種類あります。そして中央の「祭壇」に今回詠唱すべき「呪文マーカー」を置き、ゲームスタートです。
手番が回ってきたら手札から1枚選び、祭壇の前に裏向きで置きます。この時、祭壇に置いてある呪文と一致しなくても構いません。全員が1枚ずつ詠唱カードを置き終わったら、一斉に表にします。詠唱結果は何パターンかあり、全員が祭壇と同じ呪文を出した「順調」、一人でも祭壇と違う呪文を出した「邪悪な行い」など、詠唱結果に該当するパターンでプレイヤーはそれぞれ詠唱ポイントを取得します。これで1ラウンドが終了。
5ラウンド目(儀式終了)に最も詠唱ポイントが多かったプレイヤーから、貢献マーカーを受け取ります。最終的には、3回目の儀式終了後に最も多くの貢献マーカーを取得していたプレイヤーの勝利です。
相手が本当に祭壇と同じ呪文を出しているか?相手を上手く出し抜けるか?読み合い必至のゲームです。

購入はこちら

作者
押切隼  鈴木陽太  
発売年
2018
メーカー
TACTICAL GAMES / タクティカルゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る