ボードゲーム紹介
ちょっと特殊な4目並べ相手にコマを選ばせるのがミソ!

クアルト・ミニ

フランスではオセロ並に有名な伝統的なボードゲーム「クアルト」。四目並べの要領で、コマが縦・横・斜めに1列揃えた方が勝ちというとてもシンプルな2人用ゲームです。

オセロのように片方が白で、片方が黒、みたいなコマの分け方は無く、どちらも好きなコマを置くことができます。しかし、揃えるのは色だけではなく、高いか低いか、穴の有り無し、四角か丸か、の計8種類あるので、どこがリーチになっているかをしっかり把握しながら進める必要があります。

また、このゲームの面白い特徴は、置くコマを自分で選ぶことはできないということ。相手が選んだコマを置かなければいけないのです。

130607quarto-02

例えば上の写真では、右側の列が高いコマと穴ありコマでのダブルリーチ、斜めの列が黒いコマと丸いコマのダブルリーチです。相手に渡すべきコマは、低くて穴が無い、白くて四角いコマということになります。

木のぬくもりが優しく、インテリアとしてもオシャレですよね。

頭を使うゲームながら、プレイ時間は5分程度というお手軽さが嬉しいオススメのボードゲームです!

プレイ動画

購入はこちら

ゲーム名
Quarto! Mini
作者
Blaise Muller(ブレイズ・ミュラー)  
発売年
1991
メーカー
CAST JAPAN / キャストジャパン(日本)  Gigamic / ギガミック(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る