ボードゲーム紹介
ちょっと特殊な4目並べ!相手にコマを選ばせるのがミソ!

クアルト!

ドイツ年間ゲーム大賞1993年 ドイツ年間ゲーム大賞 候補作品

フランスではオセロ並に有名な伝統的なボードゲーム「クアルト」。四目並べの要領で、コマが縦・横・斜めに1列揃えた方が勝ちというとてもシンプルな2人用ゲームです。

オセロのように片方が白で、片方が黒、みたいなコマの分け方は無く、どちらも好きなコマを置くことができます。しかし、揃えるのは色だけではなく、高いか低いか、穴の有り無し、四角か丸か、の計8種類あるので、どこがリーチになっているかをしっかり把握しながら進める必要があります。

また、このゲームの面白い特徴は、置くコマを自分で選ぶことはできないということ。相手が選んだコマを置かなければいけないのです。

130607quarto-02

例えば上の写真では、右側の列が高いコマと穴ありコマでのダブルリーチ、斜めの列が黒いコマと丸いコマのダブルリーチです。相手に渡すべきコマは、低くて穴が無い、白くて四角いコマということになります。

木のぬくもりが優しく、インテリアとしてもオシャレですよね。

頭を使うゲームながら、プレイ時間は5分程度というお手軽さが嬉しいオススメのボードゲームです!

購入はこちら

プレイ動画


ゲーム名
Quarto!
作者
Blaise Muller(ブレイズ・ミュラー)  
発売年
1991
メーカー
Gigamic / ギガミック(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る