ボードゲーム紹介
インフレ必須の競りゲーム!

Q.E.

プレイヤーはそれぞれ国になり、Q.E.(Quantitative Easing)、つまり「量的緩和政策」を行って金融危機を脱する事を目指すゲームです。

ゲームはターンで進行します。各ターンでは企業タイル1枚が競売にかけられており、各プレイヤーが入札します。最高額で入札していたプレイヤーがその企業タイルを獲得する事でまた開始入札から次のターンが始まります。すげての企業タイルがいずれかのプレイヤーに獲得されたらゲームは終了となります。得点計算をして最終的に最も勝利点が高かったプレイヤーが勝利となりますが、得点計算時に入札の際に消費した額の合計が最も多かったプレイヤーは脱落となります。

このゲームでは競りに使うことが出来る資金は無限にあり、1億金でも購入できないこともしばしば起きます。使い過ぎに気を付けつつ、自分の欲しい企業タイルを集めていきましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Q.E.
作者
Gavin Birnbaum  
発売年
2019
メーカー
BoardGameTables.com  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る