ボードゲーム紹介
ペソアの半生をプレイするボードゲーム

ペソア

遊べる店舗

ポルトガルを代表する文学者「フェルナンド・ペソア」の中にいる異なる人格になって詩を書く、ワーカープレイスメントゲームです。

各プレイヤーはワーカーを1つずつ持っており、それを移動させて移動先のアクションを実行します。
実行できるアクションは主に、カードの獲得、カードの使用、プレイヤーボードの強化の3つです。基本的にはカードを使用することで点数を獲得できますが、事前にプレイヤーボードを強化するとより多くの点数を獲得できます。

使用するワーカーの数に対してワーカーを置くことができる場所がとても少なく、上手く移動ができない時に全員共有のワーカーを使用することができる、というちょっと変わったワーカープレイスメントゲームでもあります。

購入はこちら

ゲーム名
Pessoa
作者
Orlando Sá  
発売年
2022
メーカー
PYTHAGORAS  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る