ボードゲーム紹介
時は来た! 神話の時代を再び蘇らせるのだ!

ペーパーテイルズ

手札からユニットを雇用し他プレイヤーとの戦いに勝ち抜く、カードドラフトタイプのボードゲームです!

プレイヤーは一国の王となり、4ラウンドを通して自分の国を隆盛に導くのが目的のゲームです。
毎ラウンド配られる5枚のカードのうち、1枚を選び手札に加え、隣のプレイヤーにあまりの4枚のカードを渡す。渡された4枚のカードからまた1枚を選び手札に加え、あまりの3枚のカードを渡し、という行為を全員の手札が5枚になるまで続けます。
そうして手に入れた手札から、自分の王国に配置する戦力としてユニットを雇用します。そうして雇用したユニット同士の強さを比べ合わせ、他のプレイヤーより強ければ戦争に勝利し、得点を得ることができます。
しかし、このゲームの最大の特徴は、雇用したユニットは次のラウンドの終わりに経年劣化し、王国から去ってしまうのです。
新しく迎え入れるユニットと、去りゆくユニットを入れ替えつつ、他のプレイヤーより繁栄を目指す、戦略的なカードゲームです。

購入はこちら

作者
上杉真人  
発売年
2017
メーカー
Catch Up Games  Engames / エンゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る