ボードゲーム紹介
疫病にも注意!

ノートルダム

14世紀のパリの市民となり、裕福さや名声を競い合うゲームです。

2人から5人まで遊ぶことができます。全9ラウンドののち、最も名声を獲得したプレイヤーの勝利です。各ラウンドは、アクションと人物の買収、疫病の判定によって行われます。また、各プレイヤーは自分の地区を持っており、そこでの影響力によって、さまざまなアクションが強化されます。
初めの影響力の数は決まっており、アクションや人物の買収によって増やさなければなりません。ただし、それだけに尽力していると、自分の地区で疫病が蔓延してしまいます。

行いたいアクションは、内訳の決まった9枚の自分の山札からカードを3枚引き、1枚選んで2枚を次のプレイヤーに渡し、自分に渡された2枚のカードから1枚を選び、といったように、いわゆるドラフト式で決めます。各アクションは1枚ずつのため、同じアクションを何度も行うことは難しいかもしれません。今、どのアクションをするべきなのかが非常に悩ましくも面白いゲームとなっています。

購入はこちら

ゲーム名
Notre Dame
作者
Stefan Feld(ステファン・フェルト)  
発売年
2007
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る