ボードゲーム紹介
ミステリーラミー、今回はジキルとハイドの世界が舞台です。

ミステリーラミー ケース2:ジキル&ハイド

遊べる店舗

陰謀渦巻く古典ミステリーと伝統カードゲームのラミーを組み合わせた新しいカードゲームの第二弾です。今回の舞台は1886年の名作「ジキルとハイド」の世界。手札から同じ色の証拠カード3枚を集めて「メルド」を作って場に出すか、場にあるカードと同じ色のカードを「レイオフ」として出す二つの方法でカードを場に出してポイントを獲得します。また、手番中1枚まで木槌カードを出すことでアクションを行うことができ、それによってジキルとハイドの人格が入れ替わるなど様々な影響が出ます。

高得点が狙える「シャットアウト」を駆使しつつ、相手よりも先に100ポイント獲得を目指しましょう!

ゲーム名
Mystery Rummy: Jekyll & Hyde
作者
Mike Fitzgerald  
発売年
2001
メーカー
グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る