ボードゲーム紹介
ミステリーラミー、今回はジキルとハイドの世界が舞台です。

ミステリーラミー ケース2:ジキル&ハイド

遊べる店舗

陰謀渦巻く古典ミステリーと伝統カードゲームのラミーを組み合わせた新しいカードゲームの第二弾です。今回の舞台は1886年の名作「ジキルとハイド」の世界。手札から同じ色の証拠カード3枚を集めて「メルド」を作って場に出すか、場にあるカードと同じ色のカードを「レイオフ」として出す二つの方法でカードを場に出してポイントを獲得します。また、手番中1枚まで木槌カードを出すことでアクションを行うことができ、それによってジキルとハイドの人格が入れ替わるなど様々な影響が出ます。

高得点が狙える「シャットアウト」を駆使しつつ、相手よりも先に100ポイント獲得を目指しましょう!

ゲーム名
Mystery Rummy: Jekyll & Hyde
作者
Mike Fitzgerald  
発売年
2001
メーカー
グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る