ボードゲーム紹介
黒死病から市民を救え!

メッシーナ1347

遊べる店舗

イタリアのシチリア島にある港町メッシーナで、有力な貴族たちが蔓延する黒死病の脅威と戦い、街の復興に尽力するというテーマのゲームです。

ワーカープレイスメントでさまざまなアクションを行いますが、アクションスペースにいる市民(「職人」「修道女」「貴族」の3種類)を救助し、職業に応じて自領(プレイヤーボード)や作業所(共通ボード)に避難させると、特別アクションや収入をもたらすところが特徴です。疫病になった市民も、回復するまで隔離小屋に配置します。こうして得られた収入で街区を再開発し、名声を競います。

得点手段やボーナスがプレイヤーによって変わる非対称プレイヤーボード(バリアントルール)、仮想プレイヤーがランダムにアクションスペースを塞いでくる中で目標得点を目指すソロモードもついて、じっくり遊ぶことができます。

購入はこちら

ゲーム名
Messina 1347
作者
Raúl Fernández Aparicio  Vladimír Suchý  
発売年
2021
メーカー
数寄ゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る