ボードゲーム紹介
ゴッドファーザーはダイヤモンドを取り戻すことができるのか!?

マフィア・デ・クーバ

ゴッドファーザーとその忠実なる部下、その他様々な陣営に分かれて戦う「マフィア・デ・クーバ」。
自分で陣営を決めることができる、ブラフと正体隠匿のゲームです。

5人から12人用ゲームで、1人がゴッドファーザーとなります。シガーボックスを時計回りに渡し、受け取った人は中身を選んで取ります。シガーボックスの中には、ゴッドファーザーの所持するダイヤモンドと各陣営のチップが入っており、ゴッドファーザーにつくのか、それともマフィアからダイアモンドをくすねる盗人となるのか、はたまたマフィアを狙うエージェントとなるのか、自分でどの陣営になるかを決めることができます。

全員にシガーボックスが渡ったら、ゴッドファーザーは全員に尋問をします。尋問されたプレイヤーはもちろん嘘をついても構いません。ゴッドファーザーは尋問をヒントに、盗人だけを見つけなければなりません。すべての盗人を見つけることができればゴッドファーザーとその部下の勝利となります。

盗人は自分が告発されないように、エージェントは自分が告発されるように嘘をつかなければなりません。自分で陣営を決め、好きなようにゲームに参加できることがこのゲームの醍醐味です。

購入はこちら

ゲーム名
Mafia de Cuba
作者
Loïc Lamy  Philippe des Pallières  
発売年
2015
メーカー
Lui-même (フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る