ボードゲーム紹介
アイロン?アンコウ?磁石でした!

マクロスコープ

窓を開け、なるべく少ないヒントでイラストを当てることを目指す「マクロスコープ」です。

2人から6人で遊ぶことができるゲームです。手番プレイヤーはサイコロを2つ振り、出た目と同じ窓を1つずつ開けることができます。窓を開けるたびにイラストが何かを答えることができ、正解すればまだ空いていない窓の数だけ得点することができます。ただし、間違えてしまうと同じ数だけマイナス点となり、解答権がなくなってしまいます。答えられる自信がないときはパスすることも可能です。

イラストは片方に寄っている場合もあるので、窓を開けても真っ白でヒントがなかったり、思った答えと全く違うイラストがでてきたりと、手軽に楽しめるパーティーゲームとしておすすめです。

購入はこちら

ゲーム名
Macroscope
作者
Martin Nedergaard Andersen(マーティン・ネデルガード・アンデルセン)  
発売年
2016
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Lifestyle Boardgames (ロシア)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る