ボードゲーム紹介
夜が来ました。全員目を閉じてください!

タブラの人狼

遊べる店舗

村人陣営と人狼陣営にわかれて戦う正体隠匿ゲームです。

ゲームは夜のターンと昼のターンからなり、夜のターンは各役職者の能力の使用。昼のターンでは誰が人狼なのか議論し、一人を選んで私刑にかけます。
議論後の投票は2回おこなわれ、1度目は2人の容疑者を選定し、2度目はそのうちから1人の私刑にかけられるプレイヤーを選びます。

すべての人狼を私刑にかけることができれば村人陣営の勝利。人狼と村人の数を同数以下にすることができれば人狼陣営の勝利です。

購入はこちら

ゲーム名
Lupus in Tabula
作者
Domenico Di Giorgio  
発売年
2001
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  dvGIOCHI  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る