ボードゲーム紹介
夜が来ました。全員目を閉じてください!

タブラの人狼

遊べる店舗

村人陣営と人狼陣営にわかれて戦う正体隠匿ゲームです。

ゲームは夜のターンと昼のターンからなり、夜のターンは各役職者の能力の使用。昼のターンでは誰が人狼なのか議論し、一人を選んで私刑にかけます。
議論後の投票は2回おこなわれ、1度目は2人の容疑者を選定し、2度目はそのうちから1人の私刑にかけられるプレイヤーを選びます。

すべての人狼を私刑にかけることができれば村人陣営の勝利。人狼と村人の数を同数以下にすることができれば人狼陣営の勝利です。

購入はこちら

ゲーム名
Lupus in Tabula
作者
Domenico Di Giorgio  
発売年
2001
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  dvGIOCHI  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る