ボードゲーム紹介
道をつなげて宝を集めよう!

ラビリンスジャパン

迷路を進みながら、自分だけの宝物を集めていく「ラビリンス」の日本バージョンです。

2人から4人で遊べます。手番プレイヤーは、1枚のタイルを使い、ボード状の迷路タイルを好きな方向に押し出すことができます。押し出した列からは1枚タイルが飛び出すため、そのタイルを使って次のプレイヤーがまたタイルを押し出します。、タイルを押し出したあと、道が繋がっている部分のどこまででも自分の駒を移動させることができます。始めに配られたカードと同じシンボルの上まで進むことができれば、その宝物を獲得します。5枚の宝物を獲得し、スタート位置まで戻ってきたプレイヤーの勝利です。

迷路をどう変化させれば自分の目的のシンボルまで進むことができるのか、を考えるゲームですが、自分の手番が回ってくる前にどんどん迷路が変化していくためなかなかうまくいきません。

発売年
2018
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  株式会社カワダ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る