ボードゲーム紹介
道をつなげて宝を集めよう!

ラビリンスジャパン

迷路を進みながら、自分だけの宝物を集めていく「ラビリンス」の日本バージョンです。

2人から4人で遊べます。手番プレイヤーは、1枚のタイルを使い、ボード状の迷路タイルを好きな方向に押し出すことができます。押し出した列からは1枚タイルが飛び出すため、そのタイルを使って次のプレイヤーがまたタイルを押し出します。、タイルを押し出したあと、道が繋がっている部分のどこまででも自分の駒を移動させることができます。始めに配られたカードと同じシンボルの上まで進むことができれば、その宝物を獲得します。5枚の宝物を獲得し、スタート位置まで戻ってきたプレイヤーの勝利です。

迷路をどう変化させれば自分の目的のシンボルまで進むことができるのか、を考えるゲームですが、自分の手番が回ってくる前にどんどん迷路が変化していくためなかなかうまくいきません。

発売年
2018
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  株式会社カワダ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

コロレット

カードを集めるとポイントになる。しかし、同じ色のカードを集められる種類は3種類。それ以上色のカード集めてしまうと、マイナス点になってしまう、ジレンマゲームです。

プレーヤーは、テーブル中央に人数分の列カードを置き、各プレーヤーは1種類のカラーカードを1枚とります。ゲーム手順は、2つのアクションのうち、どちらか1つを行わなくてはいけません。

1.カードをめくって、列カード、カラーカードの隣に置く(最大3枚)
2.列からカラーカードをとって、抜ける。

集めたカラーカードは、自分の手前に、色別に分けて並べる。の二つのアクションです。カラーカードは同じ色を集めれば集めるほど得点は高くなりますが、同じ色のカラーカードは3種類しか得点になりません。カラーカードは、集めた色の枚数が多い順から3種類プラスポイントとなり、他のカードはすべてマイナスポイントになってしまいます。
ポイントの確認は各プレーヤーに配られる、得点チャートを確認の上計算し、得点の高いプレーヤーが勝者となります。

カードを多く集めなくてはならない、しかし多くの色を集めてしまうと、マイナス点が大きくなり得点が高くならないというジレンマゲーム。
プレーヤー同士との駆け引き、運が試されるシンプルで気軽に楽しめるカードゲームです。

このゲームを詳しく見る