ボードゲーム紹介
迷路を動かして宝物を取りに行こう!

ラビリンス

「ラビリンス」は、迷路タイルを並べてできた迷路を、1列ごとに動かして自分のコマを目的の宝物の場所まで導き、脱出するゲームです。

各プレイヤーは、配られたカードの宝物を迷宮の中から探し出し、持って帰ることが目的となります。迷宮は縦横1マスずつ間隔を開けて固定されている16枚のタイルと、自由に動く33枚のタイルの7×7の49マスで構成されています。そして自由に動くタイルは34枚あり、プレイヤーは余った1枚を迷宮に押し入れて、1列動かします。そして押し出されたタイルは次のプレイヤーが押し入れるタイルとなります。迷宮を1列動かした後、プレイヤーは自分のコマを1マス進めます。これを続けていき、最初に全ての宝物を集め、自分のスタート地点に戻った人が勝利となります。

せっかく作った道がいつのまにか閉ざされている…なんてことや、あれ、気づいたら道ができてる!なんてこともあるかもしれません。いかに相手の邪魔をしながら自分のコマを進められるかが勝負の鍵となります!

購入はこちら

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る