ボードゲーム紹介
競り、拡大、ワープレ、いろんな要素が絡み合う!

キーフラワー

キーフラワー号に乗ってやってくる労働者をうまく配置しよう!

プレイヤーは春夏秋冬の4ラウンドを通して、自分の村の発展を目指します。
手番にできることは新しいタイルの入札かタイルの利用です。入札を行うことにより、次回ラウンドから有利にそのタイルの利用ができるようになります。タイルは利用することにより手番順を早めたり、資源を手に入れたり、手に入れた資源を運んだりするのに使います。様々な要素が上手に絡み合ったシステムに、終始悩み続けながらプレイすることになりますが、そのぶん勝利した時は大きな達成感を得ることができます。
重量級ゲームを遊びたい方におすすめのゲームです!

作者
Sebastian Bleasdale & Richard Breese(セバスチャン・ブリースデイル & リチャード・ブリース)  
発売年
2012
メーカー
HUCH! & friends(ドイツ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る