ボードゲーム紹介
競り、拡大、ワープレ、いろんな要素が絡み合う!

キーフラワー

キーフラワー号に乗ってやってくる労働者をうまく配置しよう!

プレイヤーは春夏秋冬の4ラウンドを通して、自分の村の発展を目指します。
手番にできることは新しいタイルの入札かタイルの利用です。入札を行うことにより、次回ラウンドから有利にそのタイルの利用ができるようになります。タイルは利用することにより手番順を早めたり、資源を手に入れたり、手に入れた資源を運んだりするのに使います。様々な要素が上手に絡み合ったシステムに、終始悩み続けながらプレイすることになりますが、そのぶん勝利した時は大きな達成感を得ることができます。
重量級ゲームを遊びたい方におすすめのゲームです!

作者
Sebastian Bleasdale & Richard Breese(セバスチャン・ブリースデイル & リチャード・ブリース)  
発売年
2012
メーカー
HUCH! & friends(ドイツ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る