ボードゲーム紹介
「これはゴキブリです!」害虫カードの押し付け合い!

ごきぶりポーカー

みんなの嫌われ者、「ゴキブリ」「ネズミ」「ハエ」などのカードを嘘をつきながら押し付け合うブラフ(うそつき)ゲームの名作、「ごきぶりポーカー」。

2~6人用のゲームで、最初のプレイヤーは手持ちのカードから1枚を裏向きのまま誰かに押し付けます。その時、「これはゴキブリです」などと、カードの名前を言います。しかしその時、嘘をついてもいいのです。

カードを押し付けられた人は、「ウソだ!」「ホント!」などと言ってカードを確認し、間違えた方がカードを受け取らなければいけません。嘘か本当か自信がないときは、チラッとカードを確認してから、同じ要領でまた誰かに押し付けることができます。

131209gpoker02

これを繰り返していき、同じ種類のカードを4種類集めてしまうと負けになります。シンプルなルールに思えますが、ゲームが進むにつれて深みが増し、高度な心理戦がとても盛り上がります。

「相手をどう騙せるか?」「誰が嘘をついているか?」といった疑心暗鬼な駆け引きが白熱する、オススメカードゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Cockroach Poker
作者
Jacques Zeimet(ジャック・ゼメ)  
発売年
2004
メーカー
Drei Magier / ドライマギア (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る