ボードゲーム紹介
「これはゴキブリです!」害虫カードの押し付け合い!

ごきぶりポーカー

みんなの嫌われ者、「ゴキブリ」「ネズミ」「ハエ」などのカードを嘘をつきながら押し付け合うブラフ(うそつき)ゲームの名作、「ごきぶりポーカー」。

2~6人用のゲームで、最初のプレイヤーは手持ちのカードから1枚を裏向きのまま誰かに押し付けます。その時、「これはゴキブリです」などと、カードの名前を言います。しかしその時、嘘をついてもいいのです。

カードを押し付けられた人は、「ウソだ!」「ホント!」などと言ってカードを確認し、間違えた方がカードを受け取らなければいけません。嘘か本当か自信がないときは、チラッとカードを確認してから、同じ要領でまた誰かに押し付けることができます。

131209gpoker02

これを繰り返していき、同じ種類のカードを4種類集めてしまうと負けになります。シンプルなルールに思えますが、ゲームが進むにつれて深みが増し、高度な心理戦がとても盛り上がります。

「相手をどう騙せるか?」「誰が嘘をついているか?」といった疑心暗鬼な駆け引きが白熱する、オススメカードゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Cockroach Poker
作者
Jacques Zeimet(ジャック・ゼメ)  
発売年
2004
メーカー
Drei Magier / ドライマギア (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る