ボードゲーム紹介
登れ、そこに山がある限り!

K2

遊べる店舗

プレイヤーは登山家となり、体力と相談しながら山を登って栄光を目指します。

はじめに6枚ずつカードを配り手札として持ちます。全員が一斉に3枚のカードを公開し、合計値が一番高かった人はリスクを負うぶん、たくさん移動できるようになります。18ラウンドを通して何度も登ったり降りたりを繰り返し、一番高いところまで登ることができたプレイヤーが勝者となります。テーマとゲーム性が、とてもマッチしているゲームです。

作者
Adam Kaluza  
発売年
2010
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る