ボードゲーム紹介
我は民衆なり

斯くして我は独裁者に成れり

遊べる店舗

王が亡き後の王国の為政者になることを目指す招待隠匿系ゲームです。

他のプレイヤーへの投票と、自分の役職カードを捨て札にすることを繰り返し、最後に残った役職カードの勝利条件(投票数など)を満たしていたプレイヤーが勝利となります。

1日(1ラウンド)の流れは1.ディスカッションフェイズ、2.投票フェイズ、3.役職決定化フェイズからなり、これを5日目まで繰り返します。

1.ディスカッションフェイズ
このフェイズでのみ他のプレイヤーと議論を行うことができ、他プレイヤーへの説得や誘導などを行う事ができます。

2.投票フェイズ
他のプレイヤーへの投票や他プレイヤーに入っている得票を棄票します。
投票カードか棄票カードを出す事、指差しで意思表示を行い、その結果により得票トークンが置かれるか取り除かれます。

3.日毎に決められた枚数の役職カードを捨て札にします。

この結果勝利条件を満たしたプレイヤーの勝利となります。

議論があるタイプの招待隠匿ゲームですが、説得がうまくいかなくても他のプレイヤーの行動を読む事が出来れば勝てるチャンスがあるので、口下手な人でも楽しむ事ができるゲームです。

作者
あまおち総統  
発売年
2018
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る