ボードゲーム紹介
モンゴル来襲、干ばつ、疫病、徴税などなど…

ドラゴンイヤー

遊べる店舗

中国では災いが多いと言われるドラゴンイヤー(辰年)を、うまく乗り切りましょう!

ゲームは12ラウンド(12ヶ月)行われ、毎ラウンドどのイベントが起こるかが初めから分かっています。それに向け、各プレイヤーは準備をしていきます。手番では、場に並べられたアクションタイルから1グループを選び、アクションを行い、雇用を行います。雇用する人物は9種類あり、自分の手番をより早くすることができる代わりに能力の低いもの、またはその逆、もしくは固有の人物といったなかから選ぶ必要があります。また、雇用はアクションによって宮殿を作る必要がありますが、前のプレイヤーが選んだアクションを選びたい場合はお金を払う必要があります。そのため、手番の早さも重要となります。

マイナスをなるべく防ぐために、大半は苦しく耐えるゲームです。ただし、勝利点を稼ぐ方法は様々あるため、やりごたえは十二分のゲーマー向きのゲームです。

ゲーム名
In the Year of the Dragon
作者
Stefan Feld(ステファン・フェルト)  
発売年
2007
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る