ボードゲーム紹介
うまく交渉して商談を成立させよう!時には邪魔や横取りもあり!

アイム・ザ・ボス

商談を取り付けてお金を稼ぐ「アイムザボス」。相手の邪魔や交渉を使って、うまく商談を取り付ける必要があります。

3人から6人用ゲーム(2人用ルールもアリ)で、プレイヤーは投資家となって、様々な商談を成功させてお金を稼ぐことを目的としています。商談が始まってからが本番です。手番プレイヤーは商談に必要な人材を集めます。自分で用意できる人材もいますが、用意できない場合は他のプレイヤーと交渉するしかありません。他のプレイヤーは自分のもつ人材を、いくらで派遣するのかという交渉をします。また、各プレイヤーはその商談を邪魔したり横取りすることのできるカードを持っているため、注意しなければなりません。商談が成功すれば報酬金を受け取ることができます。商談は回数を重ねるごとに、報酬金が上がっていきます。10回目以降の商談が終わるごとにサイコロを振り、表示された出目が出た場合か、15回目の商談が終わったらゲーム終了です。最も多くのお金を所持しているプレイヤーの勝利です。

商談の邪魔や横取りをするタイミングが重要です。相手に邪魔をされないようなタイミングを見極めたり、うまく交渉することで勝利を目指しましょう。

購入はこちら

ゲーム名
I'm the Boss!
作者
Sid Sackson(シド・サクソン)  
発売年
1994
メーカー
Eagle-Gryphon Games(アメリカ)  ニューゲームズオーダー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る