ボードゲーム紹介
もう一度、文絵を助けるために

文絵のために2

遊べる店舗
  • このゲームの設置店舗はございません。

ループ体験型マルチエンディング2人用協力カードゲーム「文絵のために」の続編です。

各プレイヤーは武雄役と文絵役にわかれ、武雄役は文絵デッキを、文絵役は武雄デッキを持ってゲームを進めます。手番には相手が持っている3枚のカードから、一番最初に引かれたカードを取り、それを表で使うか裏で使うかを決めます。表で使った場合はカードの内容を確認してその内容に従い、裏で使った場合は表の内容を見ないまま、各キャラクターの能力が発動します。カードの指示で、様々な結末が用意されています。果たして最高のエンディングは迎えられるのでしょうか?

何度もゲームを繰り返すことで、真相が明らかになっていきます。用意されているエピソードも3つあり、長く楽しむことが出来るゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
文絵のために2
作者
カナイセイジ  
発売年
2019
メーカー
ワンドロー  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る