ボードゲーム紹介
トリックテイキング×マップビルディング

本州

遊べる店舗

封建時代の日本で大名家の家臣となり、トリックテイキングやマップビルディングをしながら、地図を広げていくゲームです。

1~60の数字が書かれている所領カードを6枚、手札として配ります。プレイ順カードと故郷カードはランダムに配られます。スタートプレイヤーから順に手札から1枚場に出します。カードを出す際、資源コマ1つをカードに乗せることができ、そのカードの数字は+60として扱います。全プレイヤーが手札から出したら、カードの数字を比べて、大きい数字のプレイヤーからプレイ順の小さい番号のカードをもらい、自分の故郷カードに繋げて配置します。このとき、カードのマスを1つ隠さなければならない、湖は隠すことができない、というルールがあります。配置した所領カードに対応した資源コマを配置し、次のラウンドにうつります。12ラウンド終わった時点でゲームが終了し、その時点で見えているコマや配置したコマによって点を得ます。最終的に得点が高いプレイヤーの勝利です。

プレイ順をうまく操作して、その時々で欲しい所領カードをゲットしましょう。

ゲーム名
Honshū
作者
Kalle Malmioja  
発売年
2017
メーカー
Lautapelit.fi  Pegasus Spiele / ペガサスシュピール (ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る