ボードゲーム紹介
庭師になって立派な蓮の花を浮かべよう!

ハルイチバン

宮廷を舞台に2人の見習い庭師が宮廷専属の庭師になるため、美しい蓮の花を並べることを目指す2人用ボードゲームです。

プレイヤーは3枚の数字がついた蓮の花タイルから1枚選び相手プレイヤーと同時に表向きにします。数字の低いプレイヤーから蓮の花タイルを配置します。このとき先手番は置ける位置が決まっています。配置した後先手番のプレイヤーは春一番を吹かせて蓮の葉タイルを動かすことができます。そして後手番のプレイヤーが次の先手番プレイヤーが置ける蓮の花タイルの位置を決めます。これを一定に繰り返し、ある蓮の花のパターンが作れたら得点がもらえます。先に5点を集めたプレイヤーが勝者です。

購入はこちら

作者
Bruno Cathala(ブルーノ・カタラ)  
発売年
2014
メーカー
Blackrock Games  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る