ボードゲーム紹介
中国王朝を舞台にした陣取りゲームです!

ハン

名作ボードゲーム「王と枢機卿」のリメイク作品となります。

プレイヤーは3枚の手札からカードを使って色に対応した土地に家コマを置いていきます。このとき置けるコマは最大2個、さらに2個置く場合は同じ土地に置かなければなりません。その土地が埋まったら得点計算を行い、1番多く家コマを置いたプレイヤーから高得点がもらえます。またエリアごとに公使のコマを配置して得点を稼ぐこともできます。このとき公使コマを置く上限はその土地に一番多く家コマを置いたプレイヤーの数となります。山札が2回つきたとき、ゲームが終了して最後の得点計算を行います。この得点計算後、1番合計点が高いプレイヤーが勝者となります。

今作では両面マップが存在し、ゲームをさらに楽しむことができます。

購入はこちら

作者
Michael Schacht(ミヒャエル・シャハト)  
発売年
2014
メーカー
ABACUSSPIELE/ アバカスシュピール(ドイツ)  GP / ジーピー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る