現在一部の店舗で営業時間を変更しております。

【店舗別営業時間一覧】

<8月2日〜8月31日>
東京、神奈川、大阪、福岡店舗 13:00〜20:00 ※食べ物持ち込み禁止、酒類提供停止
<7月12日〜8月11日>
名古屋大須店 13:00〜21:00

詳しい料金表こちら

ボードゲーム紹介
はっけよーい、のこったのこったのこったのこったのこったのこったのこったのこったのこったのこった!!!!

はっけよいゲーム

「はっけよいゲーム」は、はっけよい、で力をためて、のこったのこった、で相手を倒す、声に出して楽しいお相撲カードゲームです!

「仕切り」「立ち合い」「勝負」の3つのステップでゲームを進めていきます。「仕切り」ではゲームの準備として”配置カード”をテーブルの中央に置き、それ以外のカードを全てシャッフルして山札とします。山札から場札として6枚テーブルに配置します。親に2枚、それ以外のプレイヤーに3枚の手札を配ります。「立ち合い」では親から順番に手番をプレイしていきます。手番では、場札の”掛け声カード”を受け取る、または手札の”掛け声カード”を”配置カード”の上に出すことができます。”配置カード”に出したカードがその種類の1枚目なら1枚、2枚目なら2枚、3枚目なら3枚の場札を取ることができます。”配置カード”に「はっ」「け」「よ」「い」の4種類のカードすべてが1枚でも揃えば「勝負」に進みます。「勝負」では、”掛け声カード”を『塩をまくように』手札から全て捨てます。4種類目の”掛け声カード”を出した人から順番に”のこったカード”を『読み上げながら』出していきます。次の順番の人は、出されたのこったカードより大きい数ののこったカードを出します。このとき複数のカードを使ってもいいです。残りの手札がなくなった、または手札からカードが出せなくなった場合は両手を上げてのけぞりながら『まけた〜』と言います。最後まで残った人は『ごっつぁんです』と言い、手札にある”のこったカード”の数が得点となり、その人が次のゲームの親となります。最初に5点ゲットした人が横綱となり、勝者となります。

ルールがシンプルで誰でも遊びやすい、さらに声を出すことで盛り上がれるゲームです!”のこったカード”をうまく「立ち合い」の時に集めるために少し考えなければならないので飽きずに楽しめます!

作者
米光一成  
発売年
2018
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

Creativity Battle(クリエイティビティ バトル)

写真に書き加えて最もクリエイティブな作品をつくろう!!

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト