ボードゲーム紹介
長崎での修学旅行といえばこの人の家に行きます!

グラバー

各プレイヤーは幕末の長崎商人となり、グラバーとの取引によって偉大な商人を目指します。プレイヤーはグラバーとの取引のための商品を得るため、自ら商品を生産したり、各種の施設を活用して手に入れたり、他プレイヤーとの交渉によっても入手できます。ただし交渉相手のライバルプレイヤー達は、あなたを出し抜こうとしているかも知れません・・・。ゲーム終了時に多くの勝利点を稼いだプレイヤーが勝利します。

第2回東京ドイツゲーム賞の大賞を受賞した作品になります。交渉が重要なゲームですが、それほど重くはないので、交渉ゲームが苦手な方でも楽しめる作品です。

購入はこちら

作者
赤瀬 よぐ  
発売年
2018
メーカー
ニューゲームズオーダー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る