ボードゲーム紹介
めざすはビール侯爵!自分だけの領土を作って宮殿を作ろう!

ビール侯爵

自分の領土でビールを作り、その利益で宮殿を作って「ビール侯爵」の称号を目指すゲームです。

2人から5人用のゲームで、各プレイヤーは全員同じ内訳の山札を受け取り、手札を持ちます。各ラウンドの初めに、各プレイヤーは自分の畑から収穫を行います。その後、手番プレイヤーは生産物の売却、建設を行い、より効率よく収穫や建設ができることを目標とします。残った手札を1枚残し、残りを山札の下に好きな順番で戻します。それを繰り返し、一番早く6枚目の宮殿を建設したプレイヤーが勝利となります。

生産物の売却における相場はラウンド毎に変化するため、どの素材をいつ売却するか、勝利の目的でもありながら何も生産力のない宮殿をいつ立てるのかが重要となります。自分だけの山札、畑を作って勝利をめざすゲームが好きな方にオススメのゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Fürstenfeld
作者
Friedemann Friese(フリードマン・フリーゼ)  
発売年
2010
メーカー
2F-Spiele/ 2F-シュピーレ(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る