ボードゲーム紹介
骨を発掘して化石標本を完成させよう!

フォシリス

プレイヤーは考古学者となり、恐竜の骨格の復元を目指します。

手番ではアクションの実行、カードの購入、恐竜カードを1枚確保し研究室に置くを順番に行っていきます。アクションは体力の4ポイントを使用し、実行することで移動、最終、タイルの配置などができます。大半のアクションは1ポイント消費することで行えますが、2ポイント以上必要のものもあります。余ったポイントは持ち越せません。アクション実行後、獲得した地層タイルに描かれた欠片を支払って市場から道具カードまたは供給カードを1枚買えます。購入したカードは次の手番で使用したり、点数や道具を入手できます。最後に自分の研究室に恐竜カードがない場合、恐竜カードを1枚取って研究室に置きます。研究室に置いた状態で骨格の復元が行えます。ゲームは3枚目のイベントカードを実行してイベントの山が付き、更に補充した石膏が取引所から尽きたとき終了に向かい、スタートプレイヤーの右隣の人まで手番を行った後もう1手番行って終了します。最終得点の計算をして、最も点数が高かったプレイヤーの勝利となります。

難易度を調整して遊ぶこともできるので子供も大人も一緒に楽しめます。

ゲーム名
FOSSILIS
作者
David Diaz  
発売年
2020
メーカー
Kids Table BG  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る