ボードゲーム紹介
「アルルの丘」の世界を堪能

アルルの丘 ビッグボックス

遊べる店舗

アルル地方が舞台のワーカープレイスメントゲーム『アルルの丘』のビッグボックス版です。

プレイヤーはアルル地方の開拓者、農業従事者として、自らの生活や村の充実を図ることで得点獲得を目指します。本作は1人もしくは2人用のゲームですが、ビッグボックスとなり、さまざまな要素の追加と対応プレイ人数を3人に増やすことができる拡張セット「紅茶と交易」も追加されました。

ゲームデザイナー、ウヴェ・ローゼンベルグの生まれ故郷の穏やかな雰囲気を堪能できるゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Fields of Arle Big Box
作者
Tido Lorenz  Uwe Rosenberg(ウヴェ・ローゼンベルク)  
発売年
2019
メーカー
Feuerland Spiele(ドイツ)  数寄ゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る