ボードゲーム紹介
たくさんの絵柄を間違えずに数えよう!

ぜんぶでいくつ?

遊べる店舗

3枚の場に出ているカードで2枚以上で描かれている同じ絵柄の数の合計を数える小箱ボードゲームです。

4種類の絵柄が描かれているカード3枚を場に出し、その中から複数のカードに描かれている同じ絵柄の合計をそれぞれ足して、すべてを足した総合計数を最初に宣言した人が得点を獲得できるゲームです。

注意深くカードを見る力と、素早い計算力が求められます。子供から楽しめるゲームで、簡単な足し算の能力も身につけることもできます。

購入はこちら

作者
Reinhard Staupe
発売年
2014
メーカー
Amigo(ドイツ)
日本語版発売元
ブラザー・ジョルダン
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キャッチ・ザ・ムーン

月に届くまではしごをかけることを目的としたバランスゲーム。
サイコロを振って、出た目に応じて決まった方法ではしごをかけていき、途中ではしごを崩してしまうと月の涙を失点として受け取ります。
単純にバランスゲームとしても楽しく、また見た目も美しい良作ゲームです。

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト