ボードゲーム紹介
ゲーム終了後はおもわず写真を撮りたくなるゲーム!

砂漠を越えて

遊べる店舗

ラクダを配置してオアシスや水源を確保し点数を得ていくゲームです。

このゲームで大事なことは「運要素がほとんどないこと」と「同じ色同士のラクダが隣合えないこと」にあります。手番になったら好きな色のラクダを2つ手に取り、自分の支配している同じ色のラクダの群体と隣り合うようにおかなければなりません。そして1マスにラクダは2頭以上置くことができないので、ゲームが進めば進むほど盤面は狭くなり、点数源もなくなっていきます。
最初の配置からどこに置けば伸びるのかを考えなくてはならないくらい、長期的な戦略が重要になるゲームです。

購入はこちら

作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)
発売年
1998
メーカー
Fantasy Flight(アメリカ)
日本語版発売元
ホビージャパン
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キャッチ・ザ・ムーン

月に届くまではしごをかけることを目的としたバランスゲーム。
サイコロを振って、出た目に応じて決まった方法ではしごをかけていき、途中ではしごを崩してしまうと月の涙を失点として受け取ります。
単純にバランスゲームとしても楽しく、また見た目も美しい良作ゲームです。

たかとらたかとら
このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト