ボードゲーム紹介
ゲーム終了後はおもわず写真を撮りたくなるゲーム!

砂漠を越えて

遊べる店舗

ラクダを配置してオアシスや水源を確保し点数を得ていくゲームです。

このゲームで大事なことは「運要素がほとんどないこと」と「同じ色同士のラクダが隣合えないこと」にあります。手番になったら好きな色のラクダを2つ手に取り、自分の支配している同じ色のラクダの群体と隣り合うようにおかなければなりません。そして1マスにラクダは2頭以上置くことができないので、ゲームが進めば進むほど盤面は狭くなり、点数源もなくなっていきます。
最初の配置からどこに置けば伸びるのかを考えなくてはならないくらい、長期的な戦略が重要になるゲームです。

購入はこちら

作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1998
メーカー
Fantasy Flight(アメリカ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る