現在一部の店舗で営業時間を変更しております。

※10/25から、全店舗通常営業を再開いたします。

店舗別営業時間

 
【13時〜21時営業】
渋谷本店、渋谷2号店、池袋1号店、池袋2号店、秋葉原店、新宿店、立川店(10/11〜10/22休業)、川崎店
 
【13時〜20時営業】
横浜店、大阪心斎橋店
 
詳しい料金表こちら

ボードゲーム紹介
恐竜動物園の経営者となって来園者数を競うゲームです!

ドラフトサウルス

ついに科学の力で恐竜のクローンを作れるようになりました!世界中で次々と巨大な生物たちの動物園がオープンしています。
好奇心旺盛な来園者たちを満足させられるよう、恐竜たちをうまくオリの中に入れましょう!

このゲームは動物園ボード、恐竜コマ、サイコロを用いて2ラウンド行います。各ラウンドは6ターン行います。(2人専用のルールもあります。)
はじめに、各プレイヤーは布袋の中を見ずに恐竜コマを6個ずつとり、他プレイヤーには見えないように手の中に隠しておきます。

サイコロを持っているプレイヤーはサイコロを振り、全員が見える場所に置いておきます。次に各プレイヤーは自分の手の中から恐竜コマを公開し、自分の動物園ボードのオリの中におきます。サイコロを振ったプレイヤーは選んだ恐竜コマを任意のオリに置くことができますが、それ以外のプレイヤーはサイコロの目によって決められたルールのオリに置かなければなりません。

また、各オリのルールは全員が守らなければなりません。選んだ恐竜コマをオリに配置できない。または配置したくない場合は川に置くことができます。最後に手の中に残っているすべての恐竜コマを、他のプレイヤーに見えないように左隣のプレイヤーに渡します。サイコロを振ったプレイヤーはサイコロも左隣のプレイヤーに渡します。新しいターンがはじまったら同じようにサイコロを振り、恐竜コマを置き、残りを左隣のプレイヤーに渡すという流れを6回くりかえします。ラウンド2でも同様にくりかえし、ラウンド終了時には自分の動物園ボードに12個の恐竜コマがあるということになります。

動物園ボードにはサマーバージョンとウィンターバージョンがあるので、慣れてきたら難易度の高いウィンターボードで遊んでみてください!

購入はこちら

ゲーム名
Drafto saurus
作者
Antoine Bauza(アントワーヌ・ボウザ)  Corentin Lebrat  Ludovic Maublanc(ルドヴィック・モーブロン)  Theo Riviere  
発売年
2019
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  ankama / アンカマ(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

Creativity Battle(クリエイティビティ バトル)

写真に書き加えて最もクリエイティブな作品をつくろう!!

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト