ボードゲーム紹介
「ディセプション」をより奥深く楽しめる!

ディセプション – 協力者たち

『ディセプション – 香港殺人事件』の拡張セットです。

『ディセプション – 香港殺人事件』は、は4〜12人用の正体隠匿系のボードゲームです。それぞれの配役によって勝利条件が分かれており、法医学者のヒントをもとに捜査官側は証拠カード、手段カード、場面タイルに置かれた弾丸マーカーの位置を元に犯人の証拠カードと手段カードを当てることが勝利条件です。犯人側は当てられないように上手に意見表明を行い、捜査官に紛れて最終ラウンドが終わるまでやり過ごします。

拡張セット『ディセプション – 協力者たち』では、新しい役割と追加のバッジトークンによって、最大14人で遊べます。捜査官側・犯人側どちらのチームにも新たな役割が加わり、それぞれに特別な力を与えます。追加のカードや場面タイルは犯罪解決へ導くヒントとなる可能性があります。さらに、新しいイベントタイルによって法医学者も疑わしい存在となるかもしれません。

購入はこちら

作者
Tobey Ho  
発売年
2018
メーカー
Grey Fox Games  JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  Jolly Thinkers  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る