ボードゲーム紹介
時代遅れのエセカリスマに裁きの鉄槌を!

キャッチザボマー

テロリストの「爆弾魔」対テロの阻止を目指す「警察」陣営で行う正体隠匿系ゲームです。

手番では
①手札からカードを1枚任意のエリア(橋以外)に出す
(各エリアごとに奇数枚目なら表、偶数枚目なら裏で出す)
②手札から市民カードを1枚自分の前に公開し、「市民」「警察犬」「爆弾処理班」のいずれか1枚を移動させる。
(「橋以外のエリア」から「橋」へ、または「橋」から「橋以外のエリア」へ)

プレイヤー全員が手札のカードを全て出し切ったらゲーム終了です。
爆弾の爆発に巻き込まれず「生存」し、かつ以下の目的のいずれかを達成できたら「爆弾魔」の勝利。

①混乱
表の「市民」が存在するエリアの数が4エリア以下。
②逃亡
「爆弾魔」が全ての「警察」と別のエリアに存在する。
③殺害
爆発の発生により「爆弾魔」以外が1人以上死亡する。

目的を全て阻止することができたら「警察」陣営の勝利です。

正体隠匿系ゲームでありながら、自分の正体のカード自体も出さなければならない点が、正体を推理する駆け引きになっていて新しいゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
キャッチザボマー
作者
イイダタカアキ  
発売年
2021
メーカー
IIDA GAMES  

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る