ボードゲーム紹介
ダイスで役を作って4目並べ!

カストロ

遊べる店舗

「カストロ」5つのサイコロを振って出た組み合わせに合ったマスに屋根を配置していく、ダイス系陣地取りゲームです!

まずプレイヤーは自分の色を決め、その色の屋根を全て受け取ります。ここから順番にプレイしていきます。同じ数字が2つの「双子」、3つの「三つ子」、4つの「四つ子」、1〜5、または2〜6の数字を1つずつ揃えた「ストレート」、同じ数字3つとその残りの2つが同じ数字である「フルハウス」、5つ全てが同じ数字の「ヤッツィー」の6つの組み合わせがあります。5つのサイコロを振りこの組み合わせを作って、ボード上にその組み合わせが描かれたマスに屋根を置いていきます。振ったサイコロは、気に入らないサイコロだけを振りなおすことができます。ただし、サイコロを振る回数は全部で5回までです。屋根は相手の屋根の上にも置くことができます。既に屋根が1つ置かれた場所に屋根を置くには、サイコロを振る回数が4回まで、2つ置かれた場所は3回まで、3つ置かれた場所は2回まで、4つ置かれた場所は1回まで、と上に積もうとすればするほど、難しくなっていきます。自分の屋根が一番上にあるマスをタテ・ヨコ・ナナメいずれかに4つ並べて作る、またはボードの中に3つあるヤッツィーのマス全てに自分の屋根を置くことで勝利となります。

また、全員の手持ちの屋根が全てなくなった時、誰も勝利していなかった場合、ボード上にある全ての屋根について、プレイヤーごとに高さと数で得点を計算します。その得点が1番高かったプレイヤーの勝利となります。やること自体はとてもシンプルで、子供でもすぐに覚えられます。それなのに意外と奥深く、運要素も少なくないので何度でも遊ぶことのできるゲームです。

購入はこちら

作者
Jürgen P.K. Grunau
発売年
2014
メーカー
Noris spiele
日本語版発売元
ニキティキ
タグ

LINE@で最新情報をGET!

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キャッチ・ザ・ムーン

月に届くまではしごをかけることを目的としたバランスゲーム。
サイコロを振って、出た目に応じて決まった方法ではしごをかけていき、途中ではしごを崩してしまうと月の涙を失点として受け取ります。
単純にバランスゲームとしても楽しく、また見た目も美しい良作ゲームです。

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト