ボードゲーム紹介
あの名作を一新!

ブラス:ランカシャー

プレイヤーは事業家となり、木綿や石炭が豊富に生産され、「産業革命の中心地」となったランカシャー地方で勢力を競います。

運河と鉄道を敷設し、様々な産業施設を建設することで、自らの影響力の拡大を目論みます。
ゲームは2つの時代に別れます。前半は船の時代で後半は鉄道の時代となります。
自分の手番では、カードを1枚場に出すことで該当する場所に製鉄所や石炭場を置いたり、船を置いて自分のネットワークを広げることができます。
ネットワークに繋がっている石炭や鉄を全て消費するとその建物はひっくり返されゲームの勝利点と収入を獲得することができます。
これを繰り返して、鉄道の時代が終了した時点で最も勝利点の高いプレイヤーの勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Brass: Lancashire
作者
Martin Wallace(マーティン・ワレス)  
発売年
2007
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Roxley  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る