ボードゲーム紹介
木々を育て、舞い散る葉で地面を彩る

ボスク

国立公園の中に自分の木々を配置し、風向きに応じて葉を散らしていく陣取り風ボードゲームです。

春・夏・秋・冬の4つの季節を順にプレイしていきます。
春には、順番にボードに書かれた線上に、自分の木を置いていきます。すべて置ききったら夏に進み、得点計算を行います。
得点は縦横すべての列ごとで、各プレイヤー自分の木に書かれた数字の合計数に応じて獲得することができます。

秋にはこれまでに配置した木から、指定された風向きの方向に葉っぱを配置していきます。
手元の数字タイルを消費し、その数だけ葉を置いていきましょう。余分に葉を消費することで相手の葉の上に重ねて置くことも可能です。
すべての木から葉を散らし終えたら冬の得点計算です。
ボードに描かれた地域ごとに、自分の葉でおおったマスの数を比べ、順位ごとに得点がもらえます。

1年を終えた時点での合計得点を競いましょう。

美しい公園ボードに鮮やかな木々や葉っぱが並んでいく様は圧巻です!

購入はこちら

作者
Daryl Andrews  Erica Bouyouris  
発売年
2019
メーカー
Engames / エンゲームズ(日本)  FLOODGATEGAMES  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る