ボードゲーム紹介
青き入江「ブルーラグーン」の楽園のごとき島々

ライナー・クニツィアのブルーラグーン

誇り高きポリネシア人となり、資源を集め居住区を広げろ!陣地取り系ボードゲームです。

プレイヤーは自分のターンになったら部族コマ、もしくは村コマを1つだけ置くことができます。カヌーの部族コマは好きなところに、草原の部族コマと村コマはすでに置かれている部族コマか村コマに隣接するようにしか置けません。コマを置いた時、もしそこに資源コマかティキ像コマがあれば獲得することができます。
全ての資源コマが獲得されるか、全員の部族と村が置かれたら得点計算を行います。自分のコマが置いてある島や資源コマの数によって得点を獲得することができます。
1度目の得点計算を行なったら村コマ以外取り除き、同じように部族コマを置いていき、2度目の得点計算を行います。

1度目と2度目の得点を合計して、一番多くの得点を稼いだプレイヤーの勝利となります。

ゲーム名
Blue Lagoon
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2018
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Blue Orange Games / ブルーオレンジゲームズ(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る