ボードゲーム紹介
ちょっと変わった陣取りゲーム?相手を邪魔しつつブロック配置!

ブロックス

自分の色のブロックを、頂点で接するようになるべくたくさん置いていくゲームです。
辺ではないところがミソで、いわゆる『すり抜け』も可能です。相手の邪魔をしつつ、うまく隙間にブロックがハマった時の気分は爽快です!

購入はこちら

ゲーム名
Blokus
作者
Bernard Tavitian (ベルナール・タビシアン)  
発売年
2000
メーカー
Mattel / マテル (アメリカ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る