ボードゲーム紹介
右からいくか、左からいくか

盲目のにわとり エクストリーム

遊べる店舗

端からしか出せないトリックテイキングのゲームです。

数字、ぶた、にわとりの3種類のカードをシャッフルし、手札として配ります。まず手札の準備として好きな順番に並べ替えます。以降、左端か右端からカードをだしていかねばなりません。最も大きい数字を出したプレイヤーがそれらのカードを全て取り、もしにわとりの絵のカードが含まれていた場合はペナルティカードを受け取ります。逆にぶたの絵のカードが1枚のみ含まれていた場合は報酬カードを受け取ります。これを手札がなくなるまで行い、最終的に受け取ったカードを計算し、得点の多いプレイヤーが勝利します。

特殊効果をもつカードなどもあり、変則的なトリックテイキングを楽しむことができます!

ゲーム名
blindes huhn extrem
作者
Michael Schacht(ミヒャエル・シャハト)  
発売年
2020
メーカー
GP / ジーピー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

3秒トライ!

鉄球を転がすユニークな「3秒カウンター」を使って、ドタバタのかけ引きと真剣ながらナンセンスな挑戦が場を盛り上げる秒速アクションゲームです。

プレイヤーたちは、お題カードを一枚めくって、そのお題について何回できるかを3秒間で言い合います。一番多い数を言った人がチャレンジ権を獲得。3秒間で実際にチャレンジします。見事成功するとポイントを得ますが、失敗してしまうと次に多い数を言った人、それも失敗したら次の人、というふうにチャレンジ権は移っていきます。
自分が出来る最大の数を見極めるもよし、あえて低い数を言っておいて漁夫の利を目指すもよし。まっしぐらな挑戦だけでなく、意外と戦略も効いてきます。
早く2ポイントを取った人が勝利します。

「3秒カウンター」の鉄球がコツコツと音を立てて転がり落ちる様子がとてもユーモラス。
ゲームのあとは“3秒”の感覚がきっと変わっていることでしょう。

このゲームを詳しく見る