ボードゲーム紹介
日本の神々や妖怪がモチーフ

美徳

大精霊が去ってしまった森で、次の後継者になることを目指すダイスプレイスメントのゲームです。

ダイスをワーカーとして使用し、目によってアクションの効果が変わります。ゲームは全4ラウンドで、各ラウンドは春夏秋冬の4つのフェイズに分かれています。春では、各プレイヤーは手札が4枚になるように山札から妖怪カードを引きます。その後、1枚を捨てて手札を3枚にします。夏では、ターンオーダーに従って1アクションずつ実行していきます。すべてのプレイヤーがパスを選んだら夏フェイズが終了します。秋では、大精霊の住処でもっとも高い位置にダイスを配置したプレイヤーから順番にターンオーダーのトラックにマーカーを置いていきます。冬では、ゲームボードからダイスを個人ボードに戻します。好きな位置に戻せますが、ダイスの目を変えてはいけません。個人ボードにある収入を得てから最終得点計算をし、もっとも得点が多いプレイヤーの勝利です。

要素が多くてじっくり楽しめる物を探している人にオススメです!

購入はこちら

ゲーム名
Bitoku
作者
Germán P. Millán  
発売年
2022
メーカー
株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る